誤って削除してしまったiPhoneのSMSを復元

iPhoneのSMSを誤って削除してしまい復元できないか調べたところ、iCloudかiTunes‎のバックアップから復元できることが判明(ただしSMSのみの復元はできず全データ復元)。
iTunes‎のバックアップはかなり前のデータしかないので、iCloudからの復元をやってみました。

設定→リセット→すべてのコンテンツと設定を削除を選択、iPhoneを初期化します。
再起動後に初期設定の画面になるので、Wi-Fiの設定を入力→iCloudバックアップから復元を選択。
Apple IDとパスワードを入力するとバックアップデータの選択が出るので、SMSを削除する前の日付を選びます(バックアップデータは直近3つ分が選択可能でした)。

するとほんの数分で以前と同じホーム画面が出ました。
しかしここからインストール済みだったアプリの再インストールが始まるので、データ量の大きいアプリが多いと結構時間がかかります。
結局完了までに1時間ほどかかりましたが、SMSは完璧に復元されました。

消えると思っていた同期していないメモ、Safariのブックマーク・履歴と保存していたパスワード、通話履歴、ヘルスケアの歩数までもバックアップ時点のまま復元。
設定→iCloud→容量→ストレージを管理→バックアップでオンにしていたアプリもデータと設定は丸々復元され(LINEはバックアップ日付後のトーク履歴も残っていました)、オフにしていたアプリは初期化されていました。
またApp Storeで公開終了している古いゲームも再インストールできました。

iOS純正アプリとバックアップをオンにしていたサードパーティーのアプリは、データや設定が全く消えないみたいです。



この記事へのコメント

  • tika

    iPhoneのSMSを誤って削除してしまった時、バックアップなしの復元方法があります。
    http://www.android-recovery.jp/iphone-sms-recovery.html
    この方法は、iCloudやiTunesバックアップからSMSのみを復元することもできます。
    突然のコメントで失礼いたします。
    この方法を共有したくて、ご参考になれるとうれしいです。
    2016年01月08日 12:32
  • 管理人

    tikaさま、情報ありがとうございます。
    2016年01月08日 22:10

この記事へのトラックバック